婦人

体温を上げる方法で健康な体を作ろう|美しさは健康から

すっきりした目覚めを

足

足裏シートはむくみやだるさを取って、快適な目覚めを得られるとあって、人気の高い商品です。手軽に使うことができ、また、足裏以外の部位にも使えます。寝る前に使うと寝ている間に効果を得られるので、使うタイミングとしては良いでしょう。

読んでみよう

体温を上げて元気に輝く

女の人

体の冷えは不調の原因

誰かの手を握った時に温かいなと感じたことはありませんか。もしかしたらそれは相手が温かいのではなく、自分が冷たいのかもしれません。体温が低いと体に様々な影響を及ぼします。肩こりや生理痛・生理不順、不眠などに加え免疫力の低下により風邪を引きやすいとかアレルギー症状(花粉症など)が出やすくなったりもします。では体温を上げる方法として何が効果的なのでしょうか。そもそも体温が低くなる原因は生活習慣にあります。冷たい食べ物や飲み物をよく口にする・運動不足・日々のストレス・食べないダイエットを繰り返す・冷暖房の使い過ぎなど日常何気なくやっていることが体温を下げている可能性があります。まずは生活習慣に目を向け、そこから体温を上げる方法を考えてみましょう。

まずは日常生活の改善から

まずは日々の食生活から体温を上げる方法を見出してみましょう。冷たいものや甘いものばかり食べたり飲んだりしていませんか。それなら少しそれらを控えて温かいお茶などをゆっくり飲む時間を作ってみましょう。気持ちもほぐれ、リラックス効果もありますからストレス軽減にもつながります。また、食べずに痩せるのは効率的ではありません。ビタミンやミネラルが不足しがちになるので体温が下がり、結果的に痩せにくい体質になってしまいます。亜鉛や鉄分など必要な栄養素は摂るように心掛けましょう。たんぱく質も摂るようにすると筋肉を作るもとになりますので代謝が上がり燃焼しやすい体質につながります。食べ物以外にも体温を上げる方法として効果的なのがゆっくりと湯船に浸かることです。できるだけゆっくり浸かって体をしっかり温めましょう。ゆったりとした時間はストレス疲れにも効果的です。湯あがりに軽くストレッチなどの運動を取り入れるとなおいいでしょう。睡眠の質も上がり、朝すっきり目覚められるようになります。

選ぶときのポイント

夫婦

理想の枕を選ぶときには高さが適切なものを購入します。高くても低くても身体に負担を与えてしまいます。具体的には、寝ているときの姿勢が直立の姿勢であることです。女性の場合は高さ3センチが目安です。ちなみに、枕カバーを定期的に綺麗にすることも重要です。

読んでみよう

身体の機能を改善向上する

コーヒーを持つ人

暑いと気だるくやる気がおきないと考える人が多いですが、実は身体機能を向上するためには、温活などで身体を温めておくことが有効な手段なのです。筋肉の活動も活発になりますし、免疫力や基礎代謝の向上効果も期待できます。

読んでみよう